日本と台湾のタクシー事情 Part1

私は1度だけ、海外に行った事があります。行き先は台湾でした。大学生時代にゼミの集まりで行ったのが最初で最後の海外旅行でした。そこでは一生分のタクシーに乗ったのではないかと思うほど、たくさん利用しました。 日本でタクシーというと、駅前、それもターミナルにたくさん停車しているというイメージがあります。ニュースなどではよく、順番待ちの長い列ができているシーンが映し出されています。台湾でもそれは同じでした。 日本のタクシーは車の屋根のところにそれぞれの会社名を示すマークが取り付けられていて、遠くからでもすぐにタクシーだとわかります。しかし、台湾ではそれよりもわかりやすく、黄色い車体は全てタクシーでした。これは台湾全体ではなく、台北だけだったのかもしれませんが、これは旅行者にはありがたいものです。

ビジネスマナー 実習 セミナー

婚活 初心者

屋根から雨漏り・・修理費用はどのくらいしますか?

歯科医師 求人 大阪

ビル清掃 東京

ページ一覧